FX初心者が色んな書籍や、商材を購入して試していく検証実践ブログです。効果があるなら皆さんに伝えたく掲載してます。
2008/10123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FXの最大の特徴は、取引業者に「証拠金(保証金)」を預け、「レバレッジ」を効かせて高額取引が出来ることにあります。

リターンが大きいメリットの反面、損失もまた膨れあがってしまうことも実際にあり得ます。損失が最低保証金(証拠金)を割ってしまったり、あるいは損失が証拠金を上回ってしまった場合はどうなるのでしょう?

取引業者は、証拠金が50%を割り込んだ時点で投資家に対し警告を発します。この警告は、同時に追加証拠金を要請するメッセージでもあり、これを『マージンコール』といいます。


『マージンコール』を受けた投資家は、追加の証拠金(追証)を差し入れるか、またはそれが出来ない場合、取引業者は強制的に決済します。これを『ロスカット』といいます。

こうしたマージンコールやロスカットは、実は投資家の損失を最小限に食い止めるためのルールでもあり、安全装置でもあります。マージンコールを受けることによって、単に追加証拠金を差し入れるのではなく、今一度、FXへのシナリオや資金投入方法を見直すタイミングなのかも知れません。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。