FX初心者が色んな書籍や、商材を購入して試していく検証実践ブログです。効果があるなら皆さんに伝えたく掲載してます。
2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「IFO(アイエフオー)注文」は、IFD(イフダン)注文とOCO(オーシーオー)注文を組み合わせた注文方法で、両者の特徴をそのまま活かした方法です。

最初にIFD注文が約定した後に、自動的にOCO注文が発動される仕組みです。

IFDでは、決済注文は一つしか発注できませんが、OCOは一度に二つの決済注文が可能です。この両者を組み合わせることによって、一度に3つの注文が出せて、決済注文も二つ可能になります。

つまり、IFO注文で発注した場合、「新規ポジションの確保」「利益確定の指値」「損切りの逆指値」を同時に発注できて、最初の注文が約定されると、二つの決済注文も自動的に発動されるということです


例を挙げると、現在の相場が1ドル=100円だとします。1ドル=99円になったら買いという指値注文を新規で発注しました。

一定の利益を確保するため、【1ドル=100円になったら売り】、もう一方は損失を限定するため、【1ドル=98円になったら売り】という条件も同時につけ加えます。

このケースでは、予想どおり1ドル=100円(ドル高)になったら【1円の利益が確定】し、予想とは逆に1ドル=98円(ドル安)に振れたら【1円の損益が確定】ということになります。

このように、IFO(アイエフオー)注文は、買いから売り(売りから買い)まで、一度の注文で指定できて、決済も自動でされますから、一回注文を出すと自動売買できます。

この注文も自動でやってくれるのが左上に紹介している教材!!

FX8強 ソフトウェア プラチナセット といいます

ぜひ試してください。損はしないと思います!!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jidou225.blog105.fc2.com/tb.php/18-d0f5e4af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。